小梨の木

何度か通りかかっているけれど、これが何の木なのかまったく興味も持たず。
たまたま通り過ぎたところで、花が咲く木だったことを知った。
林檎にも似たような、林檎ならこんなにも大きく育たないような。

誰かに聞こうにも誰も通りかからず。

小梨の木
Download
一ヶ月ぶりの池
真っ赤なキノコ
夏の目論み
コーラの向こうから迫ってくる
細い通り道
少しだけのワタスゲ
霧の湿原