不安な森

続く先には真っ白な霞。
陽の光も無く薄暗い道が続く。

この先はどうなっているのか知っているつもり。
なのに見通せない不安が募る。
どんなに足早に過ぎようとしても行き先は白く見通せない。