存在

語り始めたら止まらない存在がいた。
目的地に向かって、その口は止まらない。
ココへ来ることができて、やつはきっと満足だろう。