何度目かの道

いつもいつも初めての場所へくる度に、もう二度とココには来ないかもしれないと思いながら通り過ぎていく景色。


思い返してみれば5回目になっていた道。
いつも違う季節で違う眺めで。
道が折れ曲がる角度と、上へと登っていく傾斜が同じだけで、目に入るものや肌に感じる温度はいつも違う。

たぶん。
あと何度かはここに来るのだろうと思うようになった景色。