何度目かの雪景色

ほんの数年前まではここに来たいという思いだけで、本当にそうしようと思ったときの緊張感や不安。
とにかく時間や行程を調べ尽くして、天気や気候も何度も見直して。

それでようやく立った一番高いところからの景色。

いつの間にかその景色を見ることが高齢のようになり、ここを通ることにも慣れた。

あんなに緊張して苦労して辿り着いた場所だったのに、今では考えられないほどに早く、気持ちも高ぶらずに安心感さえある。

今年もここに来たという安心感。
無事に見ることができたという。

あのときからは考えられないほどの回数になった。

まさか。

それ以外に言葉は無い。
何年も変わらない景色の中。