細い道

先のことは分からなくて、
そこへ行こうとか行ってみようとか、いつのことか具体的に思わなくても、
まさかそこに立つ日がやってくるとは思いもよらず。

遠く離れていると思っても、近づいて見ると実は近くて、そこに至るのは意外と簡単で。
細く険しく見えている場所でも、そこに立ってみると自分の足よりも遥かに広く大きな地面があって。

思うことがなければ叶うこともないこと。