キラキラ

足元に光る苔を見た。
さほど寒くない春の入り口の日。
息も白くならないような、それでも少し肌寒い風の中、空から細かな雪が舞う。
それを受けた苔は、雲の隙間から射す陽を浴びて。

キラキラしていた。
くすんだ緑の、尖った葉を広げて、光っていた。