先の見えない景色

どこまでも続く白い景色
先の見えない灰色の空に言葉も出ない

木を抜けて雪を踏みしめて、あの膨らみを越えれば
目指すところが見えると思いこんでここまで来た

もう少しもう少しとここまで来て
灰色の中に吸い込まれていく白い景色

空から降り続く白い雪の中
しばらく座り込んで
考えてからもう一度歩く