帰るところの無い夜

どこへ行こうかと思っても、行くところも無く、思い立ったところへ辿り着くための手段もない。
ただ見晴らしの良いところから見覚えのある街を眺める。

思っている以上に明るい空。