夏のビジュアル

ここから足を離して高く飛ぶことができたら、どこまで届くことができるだろうか。

いつからか、遥か下に景色を見るようになって、それが頭に何度も何度も浮かぶ。
頭の中に現れる景色は、見たことがある場所なのか、まったく知らない場所なのか分からず、ただ高いところから遠く向かって風を切るビジュアルばかりが浮かぶ。

きっと見たことがあるはずだと思い、心当たりのあるその場へ行ったら、本当に地面から足を離すことがあるのだろうかと思っていた。

雪の波
波状
秋に眺めていた景色
昔の水の流れ
重なってる山波
陽射しが当たってるのを見た
久しぶりに来たから