帰宅の空

帰り道、背中から赤い夕陽が射しました。

車を停めることができた、ほんの僅かな時間。
ものの3分も経たないうちに太陽は沈んでいった。