夕雲を追いかけて

青い西の空に
陽の光を透かす雲が浮いていたので。

いくつも大きな雲がパンのように横に並んで
夕暮れの陽で光っていたので。

きっとあの山の上に行ったら一面に雲が見られるんじゃないかと。


急いで山に駆け上がったけれど、青い空はますます青くなっていくし、
雲はどんどんと厚く固まって、空の広さをどんどんと覆っていくし。