頭上の太陽

気が付けば頭上に太陽が照っていた。
まわりは雲に囲まれて、真っ白な視界ばかりが広がっていたところに。

太陽があったからと今さら引き返す気にもならず。

なかなか都合良くはならない。