相棒

僕にとって大切な相棒の一つです。
初めてデジカメを持ったのが7年くらい前。
それから1台2台と増えたり減ったりを繰り返して、彼を知りました。
まだまだカメラのことも分からないし、写真は好きだけど、さほどでもないし。
でも、いつかごついカメラが持ちたくて、、、と思い続けて気がついたら、それはもう5年も前のこと。

いつかいつかと思い続けたカメラは、絶対欲しいものだけれど、今日じゃなくても良いものになりました。
きっといつか欲しいカメラは、いつかのままで、片思いのままで本当にいつか。
今の記憶が無いくらいに先のことくらいに遠い存在でした。
それが、あるとき口に出して、手に持って、それを誰かに話したとたんに、いつかではなくて近い将来になり、一週間、明日、とカウントダウンが始まって、自分の手元にやってきました。

彼は機械なので、使えば使うほど、月日が経てば経つほどに古く劣化していくものだと思います。
でも長いお付き合いをしたいと思います。
ずーっと思い続けた彼なので、良き相棒になるようにこれからシゴいてあげるつもりです。

まだ撮りたいものが決まらずに、ただ姿を見て喜んでいる最中ですが、近いうちにこれが見合う場所で、自分が満足するくらいの時間を過ごしたいと深く思うのです。