仲間

たいていの場合はひとりで、心細い気持ちを持ちながら始め、それすらも忘れるくらいに息苦しくなって、目の前が開けたときに開放的な気持ちになる。

だけどひとりでいることには変わりはなくて、誰とも話さず気持ちも共有せずにいるときに、目の前に見えた例のアレ。

ネット上の至るところで目にする石の像は、言葉を掛ければ表情で何かを返してくれるようで、少し前に佇んでみる。

仲間
Download
一ヶ月ぶりの池
真っ赤なキノコ
夏の目論み
コーラの向こうから迫ってくる
細い通り道
少しだけのワタスゲ
霧の湿原