小さな森

一面の緑の中で足元に目を向ける
小さいけれど木のような形をした緑が隙間なくいっぱいに広がる。

右も左も上にも
木はあちこちに枝を広げて、太い幹には緑の森ができている。
小さいけれど間違いなくここも森。

森の中にいるけれど、実は森を見下ろしているのかもしれない。
不思議な世界がこの中にある。