帽子に付けたバッジ

オリジナルの何かがあれば、それをどこかで売ることができるかと。
安易な思いで作ったものが余っている。

これをどうするかと考えて、目をつぶったまま見ないことにしていた日も長かった。
でも、そこにあるのなら何かしなければならないと思い。
置きっ放しでも、とりあえずは見えるところに出さなくては。

そう思い始めたところ。

帽子に付けたバッジ
Download
いつの間にか増えた
衝動買いのもの
割れた
新しいのを手に入れた
キーボードはアメリカ版
日本語と英語
懐かしいカメラ