山波

ふと見下ろすと
まわりは黒い山に囲まれていた。

三角がいくつも重なった黒い山は
なんの模様だかも分からないけれど
なにかの模様のように見えて。

あの向こうに見える大きくて白い山まで
この黒い線をいくつも越えないと
行けないのだなと思った。