思い入れの流れ

決して見慣れているわけではないけれど、まるで馴染み深い場所のような懐かしさを感じる。
きっとここを通るときには、高い目標であったり、深い思いであったり。
この沢を見るときは、心に何かを持ちながら眺めていたのだと思う。
数えるほどしか通ったことがないはず。
またここを通る日はくるのだろうか。