車窓から見える夕陽

たまにはバスも良いと思い、いつもは電車に乗るところ、あえてバスに乗ってみる。

いつもより時間は掛かるし、制約も増える。
ただ、ヒマな時間をダラダラと過ごすのも良いと思っていた。

そんな中で気が付いた夕陽の赤。

あまりに赤い山並と、眩しい窓の外。

できればバスに停めて欲しいくらいだった。