記憶に残る思い

記憶に残る数々の思い出は、時が経つほどに美しく都合の良いことばかり。
懐かしく蘇る記憶を美しく留めておきたいのなら、それ以上のことを思い出さない方が良い。
二度と同じ体験ができないのだから、同じことを望まない方が良い。
美しく記憶したものは、美しいままに。